布教とか洗脳とかが勝手にあって、学校や同級生に迷惑をかけたなと思う過去。

宗教に対して、学校はどこも否定的ですよね。特に公立などの学校や、そういった方面の進学を目的としているところでは、本当に度外視に見えるわけですよ。私立は行っていないので分からないですが、布教や勧誘をされたり、そういう系の注意喚起があるところで、習っても習ってもそれが洗脳みたいに渦巻くわけですよ。なんとなくの評判で、普通は行くか行かないかくらい分かるわけですよ。評判の悪いところに何があるのかなんて、本当は知りたくないわけです。ただ、そこの学校のせいなんですよね。なぜそんなものが入り込むのか、意味がわからないですよ。自負しているみたいなあり様で、その思想を学校の授業や教えみたいに分かれると思うのだか、全く緩いなと思ったくらいです。馴れ合いとか、宗教とかの話が普通に入り込んだみたいな過去があるなんて、ただの評判に繋がるだけだと思いました。広めに来たその思想を、教えるみたいに広めて言ったりしても、その思想を誰が共有できるのかが本当に言っている対象とか目的とか全く避けられるものでしかないわけですよ。聞きたいのは学校の授業くらいで先生に言われたりすることだけで良いわけですよ。緩いところの話なんてダダ漏れなだけで、言われないわけですよ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です